カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CustomCategory
最近のエントリ
最近のコメント
RSSリンクの表示
カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
【読書感想】「華鬼 / 梨沙」
今回も今回とて ライトノベル(?)の感想ですよぃっと

いや~ ここ最近どうにも男向けじゃないような作品を読んでいる気がする

ま、いっか☆

感想↓

“【読書感想】「華鬼 / 梨沙」”の続きを読む>>
スポンサーサイト
ライトノベル | 【2012-11-29(Thu) 20:11:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
【読書感想】「今夜はマのつく大脱走! / 喬林知」
マシリーズの3巻目にあたる今作

またしてもライトノベルの感想となるのです

いや~  相変わらずの正義でした

というわけで感想は↓

“【読書感想】「今夜はマのつく大脱走! / 喬林知」”の続きを読む>>
ライトノベル | 【2012-11-26(Mon) 20:46:37】
Trackback:(0) | Comments:(0)
【連載】University-to-GUARD_Page:23
毎週ペースで書いてたものを、こちらで順次公開していくことになりました。

ま、適当にお暇な方はどうぞ。

1ページずつのスロウペースな執筆なので、公開手法はその週分の1ページと、過去のページすべてまとめたものとの二つを用意しています。

注):登場する物理現象の8割は嘘っぱちです

“【連載】University-to-GUARD_Page:23”の続きを読む>>
全体 | 【2012-11-24(Sat) 21:37:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
【読書感想】「今度はマのつく最終兵器! / 喬林知」
前回の続刊となるマシリーズの第二巻

と、いうわけで今回もライトノベルの感想であります



“【読書感想】「今度はマのつく最終兵器! / 喬林知」”の続きを読む>>
ライトノベル | 【2012-11-24(Sat) 17:20:54】
Trackback:(0) | Comments:(0)
【読書感想】「今日からマのつく自由業 / 喬林知」
本日はなんと 珍しく ライトノベルの感想です

しかも、ちょいと男が読みそうにないようなものを

と、いってもこちら↓ 今さら解説不要ですが、NHKで第3シリーズまでアニメが放映されていた作品。かくいう私もアニメでは見ていたのです。

それに加えて、読む機会があったものですから いっそ読んでみよう という次第

以下 感想


“【読書感想】「今日からマのつく自由業 / 喬林知」”の続きを読む>>
ライトノベル | 【2012-11-23(Fri) 22:32:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
【連載】University-to-GUARD_Page:22
毎週ペースで書いてたものを、こちらで順次公開していくことになりました。

ま、適当にお暇な方はどうぞ。

1ページずつのスロウペースな執筆なので、公開手法はその週分の1ページと、過去のページすべてまとめたものとの二つを用意しています。

注):登場する物理現象の8割は嘘っぱちです

“【連載】University-to-GUARD_Page:22”の続きを読む>>
全体 | 【2012-11-19(Mon) 18:44:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
先輩と老害の彼岸-追放とけじめ-
今から話をすることは 実に長く、また私の主観を多分に含む内容となるだろう。

この話が何かの役に立つ あるいは 免罪符になりうることは万に一つもあり得ない。

私の生き様と私を取り巻く環境、次代へのビジョン

全てが交錯して紡がれた一つの帰結を語ろう。

注意:本文は私の所属する当該サークルについての話である。
閲覧はご自由にしてもらって結構だが、部外者の干渉の一切には応じないことを先に明示する。



“先輩と老害の彼岸-追放とけじめ-”の続きを読む>>
つぶやき(雑記) | 【2012-11-09(Fri) 19:12:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
【読書感想】 「理系のための口頭発表術 / ロバート・R・H・アンホルト 著 / 鈴木炎,イイイン・サンディ・リー 訳」
今回読んだのは、"理系"という少々特殊な人たちに送るプレゼンの基礎となる本
(かくいう私も理系ではあるが)

「どーせ、発表の場数だろ」とかいう愚かな言動を耳にするが、現に院生となる私の周りでも、
場数を踏んでも一向改善されないプレゼンたーが多々いる

そう、意識の問題だ  本書は、ユーモアを交えつつ、プレゼンテーションのなんたるかを
実に基本的なところから書いてくれている。

一読の価値はあるだろう



“【読書感想】 「理系のための口頭発表術 / ロバート・R・H・アンホルト 著 / 鈴木炎,イイイン・サンディ・リー 訳」”の続きを読む>>
小説 | 【2012-11-08(Thu) 12:04:24】
Trackback:(0) | Comments:(0)
プロフィール

細心(旧:MANAx2)

Author:細心(旧:MANAx2)
某企業
社会人 2年目

----好物---
たかはし智秋
GRANRODEO
北方謙三
今野敏
藤井太洋
-----------
ラジオ、ラジオドラマ、小説、ゲーム、映画を制作したりする
しゃべり好きな人間でございます
-----------
連絡先
manax2.g2591あっとgmail.com

リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。