カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CustomCategory
最近のエントリ
最近のコメント
RSSリンクの表示
カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
【読書感想】「今日からマのつく自由業 / 喬林知」
本日はなんと 珍しく ライトノベルの感想です

しかも、ちょいと男が読みそうにないようなものを

と、いってもこちら↓ 今さら解説不要ですが、NHKで第3シリーズまでアニメが放映されていた作品。かくいう私もアニメでは見ていたのです。

それに加えて、読む機会があったものですから いっそ読んでみよう という次第

以下 感想



CAM00148.jpg


話としてはこれまた今更ではあるのですが、不良によって便器に顔を押し込められた主人公があわやそのままトイレ経由で異世界に流されてしまう―――といってファンタジーもの

 一巻にあたる今作では主人公ユーリが異世界に流され、異世界の文化や文明の違いに困惑しながらも持ち前の“庶民派”な性格で乗り切って行くおなはし。また、ユーリは流された先では“魔王”として崇められてしまう一方で本人の感情が一線を越えると実際に“魔王化”してしまうのだ。
 そんなこんなで無事に戴冠式を行って魔王になることを決意した矢先に、ユーリは現実世界に引き戻されて今作は終わりとなる。

 このシリーズの魅力は、おそらく様々な乙女達が胸ときめかせるような“美形”揃いであることに加えて、性格もまたユニークでユーモアに富んでいる。主人公のユーリは冴えない高校生でしかないのだが、それを取り巻く美形③兄弟や教育係が美形なので、ヴィジュアル要素としては申し分ないものになっている。

 では男目線としてはどうなのか。女性キャラクターについては、今作ではまだ“フェロモン担当”のツェリ様しか出てきていない(名前だけで言えばアニシナも出ているが)ので、相対的な話はできないが絶対的としてなんとも明るくも痴的なところがなんとも素晴らしいものである。“魔族”という特性上、見た目が実年齢の1/5となっている―――すなわち見た目年齢×5が実年齢にあるのに俄然それを感じさせない。いわゆるファンタジーならではの“年齢と見た目関係の破綻”だ。ま、ファンタジーなのでこれもよし。

 今作はそういった基幹キャラクター達の説明的な部分も多分にあるので、ユニークさでは非常に堪能できるものだった。見どころは他にも、怒りっぽい金髪美形魔族の“ヴォルフラム”とユーリの決闘や、ツェリ様との混浴が……。

 とにかく、そんな個性派ぞろいな当シリーズ。この後、眞魔国にどんな事件が起こっていくのか。

 期待しながら読んでいきたい。
ライトノベル | 【2012-11-23(Fri) 22:32:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

細心(旧:MANAx2)

Author:細心(旧:MANAx2)
某企業
社会人 2年目

----好物---
たかはし智秋
GRANRODEO
北方謙三
今野敏
藤井太洋
-----------
ラジオ、ラジオドラマ、小説、ゲーム、映画を制作したりする
しゃべり好きな人間でございます
-----------
連絡先
manax2.g2591あっとgmail.com

リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。