カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CustomCategory
最近のエントリ
最近のコメント
RSSリンクの表示
カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
【読書感想】「明日はマのつく風が吹く! / 喬林 知」
今回はライトノベルの感想でございます

といっても おなじみのマシリーズ 4巻目

ちょっとは魔王が板についてきたのかな、、、?

↓感想



CAM00159.jpg

今回のお話はというと。。。 

 現実世界に帰ろうとして帰れなかったユーリが腰を据えて真眞国の魔王たるべく(?)過ごしているところ、いきなり暗殺よろしく少女がユーリに刃を向けてくるところからお話は始まるわけです。
 刃を避けた際にユーリが捻った足を治すべく、なんとユーリは暗殺しようとしてきた幼い少女と温泉地へと向かうのだが、そこで事件が発生。
 悪政よろしく、非合法なお店を構える悪い男を懲らしめるべく、ユーリは自分の身をかけて“珍獣レース”なる賭けごとをして―――。

 
ま、あらすじはこの辺にしておいて。いやー、出てきましたね ゲーゲンヒューバー。前回のお話でニコラとの間に子供をなしたという話で止まっていましたが、コンラッドと斬り合う形での登場。そして、暗殺者もといユーリの隠し子になったニコラ。今回のお話はこの子がメインですな。

 しっかし、案の定ついてくるヴォルフラムにはもうたまりませんな。尻軽をあと何回連呼すれば気が済むのか。

 そして忘れてはいけないのが、ギュンターとダカスコス。アニメのOPでもスキンヘッドになってるのですが、いやはやようやくなりましたな。ツルッツルに。ギュンターの日記のくだりもさることながら、彼は本当に報われない。。。

 あとは、アニシナが正式に登場しましたね。これは待ってました!ユーリの前にようやく正式に姿を現し、これがなかなか凛々しくて素晴らしい。気がつよいってなぁいいなぁ。あれなら、どれだけ“男は軟弱だ”と蔑まれようとも、グェンダルよろしく“むぅ”と眉間にしわを寄せるだけで済ませられるってなもんで。

 そんな感じで 以上
ライトノベル | 【2012-12-14(Fri) 21:30:41】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

細心(旧:MANAx2)

Author:細心(旧:MANAx2)
某企業
社会人 2年目

----好物---
たかはし智秋
GRANRODEO
北方謙三
今野敏
藤井太洋
-----------
ラジオ、ラジオドラマ、小説、ゲーム、映画を制作したりする
しゃべり好きな人間でございます
-----------
連絡先
manax2.g2591あっとgmail.com

リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。