カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
CustomCategory
最近のエントリ
最近のコメント
RSSリンクの表示
カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
【読書感想】「カーニバル・ナイト  / 笹本祐一」
妖精作戦シリーズも第三弾目

つまりは、残り一冊になったわけですが

前回のハレーションゴーストは外伝的なものだったのに加えて

今回はがっつり本編となっております。

では、いってみよ~


CAM00462.jpg

表紙からはなにやら官能的な臭いも受ける今作。

が、中身は相も変わらずジュブナイルもの。

っていうか、今回も沖田が主人公みたいなものじゃないか!!


という話はさておき

あらすじはというと―――


・学校に謎の転校生!!

・しかもSCFという組織のエージェント!!

・真相を探るため榊、沖田、真田は作戦を決行!!

・転校生、結希をデートに誘いだす!もちろん相手役は沖田!←オイ

・一方、探偵の平沢は沙織という占い師に接近!!

・結希と沖田のデート中に街、国を巻き込む大事件発生!!

・SCFがノブを拉致するために派遣したエージェント、それが結希だった!!

・平沢を撹乱すべく、男一人に対して戦車に自走砲にヘリに戦闘機が出動!!

・街の中で戦車や戦闘機相手に奮闘する平沢と沙織

・一方、デートに誘いだした沖田は結希を連れて学校へ

・学校でついに結希はノブと接触してしまう

・テレパスからのサイコクラッシュという能力をもつ結希

・沖田は学校のグラウンドで戦車相手にバイクで応戦

・そこに乱入するつばさ編集長

・榊の防衛もあえなくノブは結希に連れ去られてしまうのだった―――



箇条書きで書くとこんなストーリー。

エー……例にもれずスケールがありえません。


今巻の見どころは大きく分けて二つ。


1.平沢 VS SCFの市街地戦

 これはもう、まさに圧巻の一言。探偵であるレッドバグという異名を持つほどに凄腕な男に対して、なんとSCFは街だというのに、兵器を次から次に投入。

 個人的に笑ったのは、 トンネル内にまで滑走して追ってくる戦闘機 。これはあり得ない次元がもはや笑いのレベルにまで昇華されてしまっている^^。思わず読みながら笑ってしまうほどだ。どこかのハリウッド映画でも見ているかのような展開である。


2.結希の感情

 今巻のキーマンである、結希。彼女は、本作では寡黙すぎるほどに無口だ。しかし、持ち前の能力であるテレパスによって周囲の思考はわかってしまう。この結希の仕草のために、読み返してしまう。

 それは、ジュブナイル的な雰囲気にも十二分に通用するのだが、沖田やつばさの過ちのことだ。二人は互いに、結希を疑い、情報を探るために接触する。表向きは協力してくれだの、デートしよう、などである。が、しかしこの時学生サイドは結希がテレパス能力者であることを知らなかったのだ。平沢に後から告げられた後、二人は猛烈な自己嫌悪に陥る。

ここ、こそが読みどころなのだ。結希のリアクションを見直すと、実に味わい深い。


とまぁ、ざっと今巻の感想はこんなところなのだが、

一巻目でも述べたように、このシリーズはまったくもって“昨今のラノベと呼ばれる読みもの”のルーツとなっている。

それは、1巻目、2巻目、3巻目も変わらない。


そして、2巻目で述べたと思うが“ハルヒ”みたいだ、と思わせる展開もあるのだが、なんと今巻の解説はハルヒの原作者である“谷川流”なのだ。

そこで谷川氏はこのように述べている。

結希のインパクトは凄まじく、私の作品であるハルヒに登場する長門有希はまさに結希をオマージュしたものだ。


うむ、まさしくキャラ付けが似ている^^。強いて言えば、結希の方が無口でありクールなのだが、それは作品性の違いもあるだろうから言及は控えよう。


とにもかくにも、次はいよいよノブの奪還だ。


どんなフィナーレが待っているのか。すでにわくわくが止まらない。


ライトノベル | 【2013-11-26(Tue) 21:33:38】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

細心(旧:MANAx2)

Author:細心(旧:MANAx2)
某企業
社会人 2年目

----好物---
たかはし智秋
GRANRODEO
北方謙三
今野敏
藤井太洋
-----------
ラジオ、ラジオドラマ、小説、ゲーム、映画を制作したりする
しゃべり好きな人間でございます
-----------
連絡先
manax2.g2591あっとgmail.com

リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。