カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
CustomCategory
最近のエントリ
最近のコメント
RSSリンクの表示
カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
【読書感想】「岳飛伝 十一 / 北方謙三」
さて、実家に帰省したので

読書を思ったのですが、、、まさかの1冊

てなわけで、感想を書くとしますかね


2015010222132547a.jpg

この大水滸伝シリーズもいよいよ45冊目。いやはや、長いものですが。

今巻で注目すべきは、なんといってもコエンリョウとウジュの死闘でしょう。
岳飛伝になり、国の形と生命線が物流になり、物資の戦いが描かれてからというもの、なかなか決戦がなかったのですが。ようやくの大軍を率いた、戦が。
とはいえ、決戦は勝敗を極めず分けるところが、安心できるようなちょっとむなしいような。

読んでていつも不安なのはなんといっても、史進の生死だ。この男は本当に死のうとするからな、、。そして、酒を飲んでいる時に、王進の話をしていたのは感動だったなあ。もう少しがっつり語ってほしかったの気もするけど、それはそれは。

そしてなにより!!
秦容が!あの秦容が!!!!礼と!!公礼と!!!

うわぁぁぁl!! 王進小飼の中で、悲運な宿命を背負った、ヨウレイやカクセイは悲しすぎたからな、、、

岳飛はいよいよ北進ということで。

最後の大決戦に胸を踊らせながら、次巻を待ちたいですな!

以上
小説 | 【2015-01-02(Fri) 22:29:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

細心(旧:MANAx2)

Author:細心(旧:MANAx2)
某企業
社会人 2年目

----好物---
たかはし智秋
GRANRODEO
北方謙三
今野敏
藤井太洋
-----------
ラジオ、ラジオドラマ、小説、ゲーム、映画を制作したりする
しゃべり好きな人間でございます
-----------
連絡先
manax2.g2591あっとgmail.com

リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。