カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
CustomCategory
最近のエントリ
最近のコメント
RSSリンクの表示
カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
アニメ見て幸福感得たのって久しぶりかも
さて

鋼の錬金術師 が最終回を迎え 無事に追いかけたわけですが

うん、最後まで ハガレンらしくてとても良かった


ハガレンを見続けていたとき シンのメンバーが入ってくるまでは正直 前アニメのハガレンと

かぶるところが多く、非常に見ててしんどかったのですが

シン編に入り、ラストが死ぬあたりからは 毎話楽しみにしてた記憶がありますな

ラストの死あたりから、イシュバール殲滅の話やホムンクルスの核心に迫ったりと目が離せなかった


ハガレンもこれだけ話数があると 様々なキャラクターに愛着がわき、主人公のエドには

ものすごく感情移入をしてしまっていた


エドが泣くと、ついつい見ている私も泣いてしまい エドが紅潮すると こっちまで恥ずかしくなってしまう

ここまでがっつり感情移入したアニメは初めてかもしれない


最終話を見てて やっぱりエドはホーエンハイムの息子なんだなぁ と思えるシーンが多々ありましたな

いや~ 良い作品だった そして様々なことを考えさせられたアニメでもありました


劇場版があるとか 楽しみだな~


この最終話までを見終えて もう一度見返したいと思いましたね  今度はもう少し別の角度からこの作品を見たい


このアニメに出会えてよかった  そしてボンズがこのアニメを制作してくれてよかった
と、心から感謝します

以上
--------------------------


うわ~ なんか糞真面目なこと書いてしまった

いいや、試験勉強でもするか

---------------------------

全体 | 【2010-07-04(Sun) 22:12:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

細心(旧:MANAx2)

Author:細心(旧:MANAx2)
某企業
社会人 2年目

----好物---
たかはし智秋
GRANRODEO
北方謙三
今野敏
藤井太洋
-----------
ラジオ、ラジオドラマ、小説、ゲーム、映画を制作したりする
しゃべり好きな人間でございます
-----------
連絡先
manax2.g2591あっとgmail.com

リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。